凌辱学習塾 解説 ちぐ単に戻る

あらすじ

美人姉妹が経営する「伸々塾」の若い雇われ講師・恭平は教え子の英子(高三)と性的関係にあった。それを出入りの業者の中川に知られ、実業家の岩倉を紹介される。岩倉は塾の乗っ取りを企んでおり、自分と同じSM趣味のある恭平を利用して、伸々塾を経営する立花姉妹の肉体ごと手に入れようとしていた。岩倉は恭平に、援助するから姉妹をたらしこんだ上で引き渡すよう提案してくる。

とりあえず岩倉の秘書の幸子と英子の交換プレイに応じた恭平は、岩倉の手先となることを承諾し、まずは姉妹の妹、奈保子(二七歳)を調教することに成功する。

しかし恭平は教え子のかおる(高一)とも関係を持ったことを英子に知られる。恭平に裏切られたと感じた英子は、岩倉の元へと走り、アヌスも捧げて岩倉の情婦となる。

恭平は香枝(三六歳、後家)を調教することにも成功するが、ようやく手に入れた美人姉妹をみすみす岩倉に譲り渡すことをためらう。恭平を見限った岩倉は独自に動いて強引に立花姉妹を手に入れてしまう。アヌスを捧げさせた姉妹を並べて嬲る岩倉。未亡人の香枝は妹の奈保子があきれるほどの真性のマゾ体質だった。乱交に姉妹を提供する岩倉。

姉妹を失った恭平は、その腹いせに岩倉の秘蔵妻の梓を襲い、今後も関係を持つことを約束させる。(姉妹は岩倉の奴隷になったままで、物語的なオチはなし)

 

 

解説

千草氏は作品にその当時ならではの社会的題材を作品の題材として積極的に取り入れていた。今作「凌辱学習塾」もその当時実際にあった、少子化にともなう塾の生徒獲得のための競争の激化を題材にしている。元教師の千草氏らしい作品とも言える。

 恭平が劇中で関係を持った五人の女性のうち、4人までが尻処女を岩倉に奪われてしまうことになる。現在流行の「寝取られ」をいち早く描いた作品ともいえる。

長編の割りに登場人物が少なく、物語の展開は意外にあっさり。それだけひとつづつのプレイが濃密に描かれている。


SMスピリッツで「弄虐学習塾」の題で八七年十一月~九〇年一月号まで連載。全三十七回。

千草作品としては後期作品に分類される。

初期単行本は全3巻で、ヤフオクでセットで2万円がついたこともある人気作。現在でもセットでは1万円程度するうえに入手困難。

全4巻になった新装版が07年に版元を変えて発売されたが、これも現在はセットで1万円程度で入手困難。

 

inserted by FC2 system